スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地価達成後の暮らし方 大攻略 最終回

いよいよ財閥タウンズV・大攻略最終回です。

次回までの内容で地価ランク1位になったと思いますが、この部分の開発はこれで終わったわけではありません。
うまく生かせば次のような利点が生まれてきます。

1:今後の施設研究に対する優位性

この開発を参考に作ってくると、大体現在の都市研究リストは下のようになっています



このように「テーマパーク」・「三重塔」・「大学校」などの本来高ポイントが必要な施設が、比較的少ない状態で作成することができます。この高ポイントの施設を開発しやすくするために今まで研究する施設を厳選してきたというわけであります。

2:高層オフィスの複数化
前回下図のように各施設の位置をまとめました




ブックストアドラッグストア
ファミレス専門学校美術館ブティックスーパーマーケット
牛丼屋オフィス街宝石店映画館


この中で重要なのは、今回白枠になっている①~③の土地になります。試しにそのどこかにオフィスを作成してみましょう。そうすると自然に「高層オフィス」が作成されるはずです。なんとそうなると非常に早期に「超高層オフィス」の研究条件を満たすことになります。ちなみにその時のデータが下写真です


どうでしょう、後半になると7000万程度の金額がかかる超高層オフィスが半額弱で研究することができます。4200万程度なら地価ランク1位の賞金にいくらか足す程度で研究できるため、早めの研究をお勧めします。

3:収入源としての重要性
先ほどの図の①~③に、今度は住宅地を建設してみましょう。そうすると何もしなくても地価が300万~400万程度になっているため、住民が移住してくるたびに1500万~2000万程度の臨時収入になります。また移住した時の臨時収入のみでなく年間の収益アップにもつながるため、特に地価トップとなった直後に移住してくる秘山ひしょ子を優先的に住ませることで年度末の収益アップにもつながりやすいため、空き地になっている①~③に優先的に住民を済ませるようにしましょう



さて長くなりましたが「大攻略」、いかがだったでしょうか?基本的な知識から、実際の進め方まで出来るだけ細かく説明してきたつもりです。またここで地価ランク1位になっても、15年4月までは、まだ10年近くあります。この後は皆さん自分の好きなように開発してもらえたらと思います。開発しやすいだけの資金・ポイントをえることは出来ると思いますので…

スポンサーサイト

いよいよ大詰め 大攻略 第9回 大都会編

長々とまとめてきた大攻略もいよいよ大詰めです。
今回は大都会になってから次の10月3周までの短期間でいかに地価ランク一位の土地を作るかをまとめたいと思います。

まず今回結論から先にまとめると

大都会ランクアップ時にこの状態だったものを




ラーメン屋ゲームセンターレコードショップ公園空き地
ファミレス専門学校森林牧場
牛丼屋オフィス街空き地


最終的にこのような形にしていきます




ブックストアゲームセンターレコードショップドラッグストア空き地
ファミレス専門学校美術館ブティックスーパーマーケット
牛丼屋オフィス街宝石店映画館


軽くまとめるとこんな感じなのですが、これを実現するために

1:美術館・宝石店の効率的な速攻での産業研究(もし以前開発してなければブックストアなども)


2:牧場などを空き地化し、そこに一気にブティック・映画館・スーパーマーケット・ドラッグストア・ブックストア・美術館・宝石店を建てる


この2点が重要になります

ではこれを効率よく早く進めるためにはどうすればいいか、それには次のような点が重要になってきます。

a:大都会ランクアップ時に、必要な職業の用意をする


ランクアップ後に早期に研究したい美術館・宝石店ですが、出現条件には職業の存在が必要になってきます。
美術館については「アーティスト・漫画家」などの職業、宝石店についても現在調査中でありますが、もし出現してない場合は今までにマスターした職業の再就職などにて、出来るだけ早めに研究可能にしておくことをお勧めします。

b.効率よく研究を進めるための技術ポイントの確保

大体の施設はもう研究可能になっているため、新たに研究する施設で大きなものは前述の美術館・宝石店だと思います。この二つの施設は接客・文化ポイントを大きく必要とします。(その他のポイントも必要ですがこの二つのポイントを250~300くらい必要とします)。このため、事前にこれらのポイントを少しでもためておくとスムーズな開発につなげられます。

c:豊富な資金の確保

今回にて地価1位を目指すために、施設の研究に加え、不要な施設の撤去・新たな施設の敷設と非常にお金がかかります。具体的には
研究:1500万前後
施設の敷設:650(宝石店)+500(美術館)+650(映画館)+350(スーパー)+350(ドラッグ)+250(ブックストア)=2750万円(土地代含む)

施設の撤去:160万円

4500万円程度は最低でも必要です。(その他維持費や町おこしにも資金が必要となる場合があるのでそれ以上あるほうがベスト)


以上の3点大都会に入る前から意識して、さらに図に合う形で施設を敷設してもらえば美術館が750万前後まで上がるはずです。(もし足りない場合は周辺の道路を飛び石路に改善させましょう)

まあこれで当初の目的は達成されましたが、実はこれでまだ終わりにはなりません。
続きは次回にでも…

施設の順番 大攻略 第8回

 さて、続けまして大攻略第8回は、先ほど話にでた10個の産業について、建設の順番についてまとめてみたいと思います。一覧としてはこんな感じです

          食品  接客  娯楽  文化
ファミレス     74  44
専門学校         110  29
ブティック        110      14
スーパー     110  44  29  29
映画館           74  74  74
ドラッグストア   88          44
ブックストア        29  14  14
野球場      110 110 140 
ゲーム会社     74  88     110
テレビ局          59 110  59

この中でポイントとしては
・まずポイントの必要な施設を優先

・接客の大きく必要な施設の間に他の施設を入れる


この2点です。どうしてもポイントの高い施設を後半にのこすほど研究しにくくなります。また接客ポイントが大きく消費されるためインターバルとして他の施設を挟むことで円滑な研究につなげられます。

具体的な順番としては次のようになります。

ファミレス ⇒ゲーム会社 ⇒ 野球場 ⇒スーパーマーケット ⇒専門学校 ⇒ドラッグストア ⇒テレビ局 ⇒ブティック   ⇒映画館   ⇒ブックストア

こんな感じです。最初がファミレスなのは小都市前に開発可能だからです。2番目がゲーム会社なのは、この時期はどうしても文化の最大ポイントが120前後の事が多いので限界を超える前に開発する必要があるからです。次に最もポイントが必要な野球場。その次に全体のポイントを必要とするスーパーマーケットです。次が専門学校になっているのはここで新たに学生街を作ることで一部施設が地価200万円を超え、接客ポイントに50ボーナスが入ることを今後の開発に利用するためです。その後ドラッグストアテレビ局を作り、その後ブティックを作り都市ランクアップを待つことになります。ブックストアについてはポイントが低いため、都市ランクアップしてからでもよいと思われます。

いくら順序立てても、約2年の間にポイントを多く必要な施設を建てなくてはならないので、ここでぜひとも町おこしを利用しましょう。古本フェスティバルを出来るだけ利用し、効率よいポイント稼ぎで施設の研究につなげましょう。

またここで落とし穴になるのが、MAP上に存在する施設の少なさとランクアップ条件の専門街6個以上という条件です。もともと研究を効率よく行うため、産業の存在数としては少なくなり、今度は逆に住民が増える際の弊害となてしまいます。だからこそ今後専門街密集地を取り壊した産業も、他の場所に作りなおすことで産業数を保ち、順調な住民増加につなげましょう。また専門街については、現時点で子供街・自然街・地元街が作られていると思うので、それに観光地・温泉街・学生街を作ることで条件はクリアします。さいわいほがらかタウンには、山脈と湖が隣接している所があるため、そこに旅館を作り、さらに密集予定地に学生街を作ることで自然に条件はクリアになります。

まとめてはみたものの、わかりにくいところもあるのは申し訳ないです。参考に出来るところはしてもらえたらと思います。

最後に、小都市終了時の密集地のマップはこんな感じになります。




ファミレスゲームセンターレコードショップ公園空き地
ファーストフード専門学校森林牧場
牛丼屋オフィス街空き地


こうやってみると、今回色々な施設を研究するもののすぐに敷設できるわけではないです。このため次回に一気に建てることになるので、ランクアップ前に出来るだけ資金をためておくことをお勧めします

いよいよ佳境に 大攻略 第7回

 大攻略、いよいよ7回目。今回よりついに小都市編の攻略に入ります


まず、小都市にランクアップ直後の産業研究の一覧をまず出すとこんな感じです








前回紹介した形をとっていると、小都市になった時点でこのように30以上の産業が未開発で残っています
その中でどうやっていくかは、続きにまとめてみたいと思います


続きを読む

小都市攻略の前に 大攻略 第6回

 どうも先日はお久しぶりでしたが、大攻略第6回をまとめてみました。

本来なら今回は小都市編をまとめようかと思っていましたが、その前に注意してほしいことが何点かありますのでそちらをまとめたいと思います。

1:都市ランクアップ時は職業に注意

このゲームは非常に職業が多く住民は積極的な転職を行っていくこととなると思います。しかしそこに落とし穴が…。それは産業発見の条件が「都市ランク」と同時に「その職業になっている住民がいる」という形になっているため、序盤にマスターした職業を必要とする産業の発見が忘れやすくなるということです。
この罠にハマりやすいのが、「ゲーム会社(プログラマー)」、「シティホテル(料理人)」「ライブ会場」「スーパーマーケット」などです。いずれの職業も序盤に出ることが多く、ランクアップ前には転職してしまうことが多いですが、都市ランクアップ前には存在するか確認しておかないと、必要な時に産業研究ができなくなるため注意してください。

2:パンプキン商会の効率的な利用を

前回戦略として「待ち」の話をしましたが、大攻略後半になってくると序盤が待ちな分資金・技術ポイントを急速に使うことになります。そのためにも序盤の技術ポイントが限界になりやすい時期に「パンプキン商会」を利用することが重要になってきます。また買い取り額に差がない場合は「均等」に分けて売却したほうが資金の獲得量としては多くなります。
さらにパンプキン商会の訪れる時期は不定期ですが大体6から8カ月くらいの期間をあけてくることが多いようです。最速での地価一位獲得の目標が6年10月3週であり、6年4月の家賃収入以降はイベント以外では大きな収入は計算できないため、次にパンプキン商会がきそうな時期はいつか計算し換金していくことをお勧めします。

とりあえず以上の2点ですね、小都市くらいから開発に必要な資金・ポイントが増えてくるため、町おこしなどの活用も重要になってきます。このためこの時期より資金を貯蓄していくことが重要になるため意識していただけたらと思います
プロフィール

カイロおじさん

Author:カイロおじさん
FC2ブログへようこそ!
こちらではカイロソフト関係の攻略や音楽、ゲームなどのレビューを中心にのせています。よろしくお願いします

今後の予定
スーパーロボット大戦α外伝:攻略
カイロソフト:ゲーム発展国++ 攻略予定
       など予定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。