スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大江戸タウンズ その十 「基本戦略 終盤戦」

大江戸タウンズについて、今まで基本戦略についてまとめてきましたが、今回はいよいよ終盤戦です。


終盤戦といっても重要なのは、まずそれまでどのように開発されているかが重要になってきます。開発を順調にすすめて石高を150000石にいかに早く上げていくかがポイントです。150000石まで上げると「エレキテル屋」、「バナナの木」、「カイロくん像」が解禁になり、それぞれ「文明開化横町」「カイロ横町」建設に関わり、さらに移動手段の自動車の獲得にも関わってきます。その他「バナナの木」は住宅の最も石高を上げる環境物であるため、住宅近くの横町に関わらない部分は「バナナの木」を敷設することで収入増にもつながります

順調にいけば大体11年~12年くらいには150000石突破は可能です。その頃には年貢収入も10000両は超えていると思われますので、その資金を使って必要な施設を敷設していきましょう。

しかし、後半に敷設できる施設は開発・敷設ともに高額なものが多いです。そこでの一つの目安としては「30000」両になると思います。クリア時石高は大体3分の1にクリアポイントに還元されます。それに対して資金は30000両までは同額に還元され、30000両を超えた部分は4分の1で還元されるようになっています。そのためクリア時30000両を超えない場合はむしろ開発を進めないほうが高得点につながる事が多いです。これらを参考にして無駄を少なく行えばハイスコア更新につながっていくと思います


また、職業については出来るだけ幕臣が多いほうがいいのですが、それはそれで限界があるので、少なくとも武士にはしましょう。特に注意すべきは武士から転職した人たち、15年目に再び武士に戻していたほうが最後の年貢収入、石高ともに上がるため細かいところですが注意してみましょう。



ブログランキングに登録してみました。
もしよかったら下のバナーをクリックお願いします
スポンサーサイト

大江戸タウンズ その九 「基本戦略 中盤戦」

 前回は大江戸タウンズの序盤戦についての基本的な戦略についてまとめてきました
今回は中盤戦についてまとめていきたいと思います。
中盤戦となる5年目~10年目には研究可能になる施設が非常に多く、工芸品の開発なども並行して行うと非常に多くの技術ポイントや資金を必要とします。このため重要なのは特に重要な施設の開発可能時期について把握しておくことだと思われます。

特に重要と思われる施設:着物屋、消防団、武家屋敷、高級料亭、かご屋などが多くの横町建設に関わり、さらに高価な施設となっています

施設名   年代    金額      技術ポイント
着物屋   6~7年          
消防団   8年2~3月                    技術55前後
武家屋敷  8年8月頃  2300両前後  食料115 武器25 技術85 学問145前後
高級料亭  9年8月頃  2000両前後           技術60前後
かごや   9年5月頃  1000両前後            技術60前後

となっています。この中でも特に8年~9年目の支出が特に大きくなっていることが分かると思います
 さらに順調に開発されていると、9年目1月に都市レベルが「日本晴れ」になると思われます。都市レベルが日本晴れになる事により、周囲の環境への効果が大きく、花見横町にもつながる「桜」やお化け横町に繋がる「柳の木」が建設できるようになります。このため9年目に入る直前でお金を使い切らず、周囲を開発できる分を抱えて迎えたほうが年貢収入に好影響となるので、うまくやりくりを行いながら多くの施設を開発し、年貢収入を増やしていくことがとの時期特に重要になってくると思われます
 

ブログランキングに登録してみました。
もしよかったら下のバナーをクリックお願いします

大江戸タウンズ その八 基本戦略

どうも、大江戸タウンズについてまとめるのも八回目になりました
そこで今回は、今までまとめてきたことも含め自分がプレイする際に注意している基本戦略をまとめてみたいと思います。まずは序盤戦

1.4月~11月までは全体の石高アップを目標に、12月~3月までは住宅の石高アップを目標に拡大していく

これは基本事項にもまとめましたが、11月、3月の収入がそれぞれ全体の石高量、住民の石高量に影響されているからですね。このため11月の収入を使い石高量を上げてもメリットは少ないからです

2.1年目11月に石高5000石を超え、石高ランキング100位以内に入り500両の臨時収入を得る

この時点で100位以内に入るのは厳しい部分はありますが、不可能ではないです。
その時点で建てられる横町は「古文書横町」、「とうげ横丁」×2、「もち肌横町」、「サッパリ横町」くらいだと思いますが、これらの横町とつつじを活用すれば出来ないことはないです。
ポイントは10月半ばくらいまでにどうやって学問ポイントを20までためるかだと思います
(10月半ばまでに銭湯を研究すれば11月3週に銭湯を建てるのが間に合います)

3.庭園を多めに作る

工芸品の活用や換金などで使用することが多いため、ほぼ確実にそのポイントが手に入る庭園は攻略に必須です。
特に序盤に庭園を二つ用意することで、上にあげた1年目10月までに学問ポイントを20ためるのが楽になります

4.石高ランキングで100位以内に入った後は12月半ば以降まで住民を増やさない

この時点で5000石を超えていると大抵の場合12月1週目に住民の増加があると思います。しかしこれは罠、なぜならその時期に増える住民は「農民」です。そうなると2年3月の初めての年貢収入時に職人を用意することが非常に困難になります。このため12月半ば以降になり「商人」の住民が出るころまで待ったほうが、後の発展がスムーズになります

5.工芸品は出来るだけすぐ開発

工芸品は登場したら出来るだけすぐ開発します。工芸品は資金への負担を与えず石高を上げれる数少ない方法です。最初から表示されている3種類の工芸品をレベル1にするだけで、400+500+600と1500石の石高増になり、これを開発で増やそうとすると結構多くの施設の開発が必要になるからです。


6.工芸品は住宅に出来るだけ活用
各年度の年貢収入を上げるため、また施設のランクアップを早めるため出来るだけ住宅に工芸品を活用していきます。
また工芸品活用の目安は工芸品の価値の半分くらいの石高の施設に使うと普通に効果が出やすいです。それ以上では効果が低くなるか無効化で資金の無駄になる事が多いため、その辺を目安にお願いします


長くなったので今日はこのくらいで、次回は中盤~終盤にかけての個人的な戦略をまとめてみたいと思います


ブログランキングに登録してみました。
もしよかったら下のバナーをクリックお願いします

大江戸タウンズ その七 「工芸品の開発」

大江戸タウンズ、前回は工芸品の活用の話をまとめたと思います。そこで今回は工芸品の開発について説明したいと思います。

工芸品の開発、基本的には職人が商品問屋に入る事によって考案されます。しかし通常プレイしていると、あるい一定の時期より開発が行き詰まる事が多いと思われます。それはなぜかといいますと工芸品の開発には周囲に建築されている建物、もしくは横町が大き文字色く影響してきます。具体的には武器屋などで関ヶ原横町を構成している所では「名刀まさむね」などが開発されますし、エレキテル屋などで文明開化横町を構成している所では「エレキテル」が開発されるわけです。だから同じ場所にいつまでも商品問屋を立てていると周囲の開発が終わっってしまい、結果新たな工芸品の開発につながらなくなってしまいます。それゆえに工芸品の開発打ち止めに悩む人は、商品問屋を新たな場所に立ててみてください。

さてそこで問題になるのが「お城」ですね。お城自体は全職業に収入が入り、周囲への影響も良いため便利ですが、職人にとっては開発が滞る一端になってしまいます。収入面に関してはお城建設予定地に問屋と農地を作る事でも代用できるため、二つ、三つ目のお城を建てる時期も検討する余地があるかもしれません


ブログランキングに登録してみました。
もしよかったら下のバナーをクリックお願いします

大江戸タウンズ その六 「工芸品」

 大江戸タウンズについて、第六回は工芸品について取り上げてみたいと思います。

正直、工芸品の開発に関してはまだ分からない部分も多いので、最初に活用方法について説明していきたいと思います。

工芸品の効果については、具体的には次の効果があります。

1・開発・レベルアップによる石高全体値の上昇

2・工芸品の使用による各建物の石高の上昇

3・換金効果

このように工芸品は使用しなくとも作った時点で効果があります。また換金効果というのは失敗品が1技術ポイント=5両で買い取られるのを利用してあえて成功確率を20パーセントに設定して開発することで時間はかかりますが所持金に変えることが可能です。特にクリアポイント時に技術ポイントでは特に反映されないのですが、こうやって換金することで資金・石高などでクリアポイントに反映させることができます。

但し、この効果の中で最も重要なのは2の各建物の石高の上昇です。これを行うことでレベルアップを待たずとも石高量をドーピングすることが可能で、結果普段の消費量や年貢での収入が増えることになります。特に幕臣になる前に工芸品で石高を上げていると、幕臣転職後にさらに1.5倍程度になるため一気に収入アップにつながります。さらに各工芸品ごとに得意な職業がある事も知っておきたいところですね。例えば木刀やふんどしなどの一見低い効果のものでも武士に使うことでその他の職業よりも効果量が増加します。

このように、一見すると地味なシステムですが使い方がわかると非常に重要な工芸品システム、連休明けくらいに開発についても話しできたらと思います



ブログランキングに登録してみました。
もしよかったら下のバナーをクリックお願いします


プロフィール

カイロおじさん

Author:カイロおじさん
FC2ブログへようこそ!
こちらではカイロソフト関係の攻略や音楽、ゲームなどのレビューを中心にのせています。よろしくお願いします

今後の予定
スーパーロボット大戦α外伝:攻略
カイロソフト:ゲーム発展国++ 攻略予定
       など予定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。