スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しみから生まれる,確かなあすへ繋がる力(トライアル 評)

 the pillowsのニューアルバム「トライアル」とりあえず聞いていますが、今作は最近の中ではホント聞いても飽きない、個人的には「My Foot」以来の名盤だと思います。

なぜそう思うか、一つは自分がいわゆる第三期pillows初期からのファンだという事もあるでしょう。1997年の夏に聞いた「please Mr lostman」。その頃のバンドとしての絶望的な状況やその中での希望をうたう彼らをみて、大きく心ひかれたものでした。その後も、「カーニバル」、「thank you my twilight」、「good dreams」、「昇らない太陽」などの多くの名曲の中に本人たちのネガティブな感情を発端にして作られるものも多く、またその曲からパワーを感じることも多くありました。

しかし近年はセールスやライブ動員的にも以前より拡大し、武道館ライブも成功を収めたりしたためか、近年のアルバムからはそのネガティブな印象を受けることは少なくなっていました。

そこで去年の様々な事件を感じながら作られた今作。今作には細菌には見られなかったネガティブな感じがみられています。アルバム前半の「Revival」、「Rescue」、「Comic Sonic」、「Flashback Story」まではどちらかというと前作までのような疾走感を感じる曲か並んでいますが、「エネルギヤ」を転換点にして徐々にディープな感じの世界に入っていきます。「ポラリス~」、「持ち主のないギター」、「トライアル」に共通して見える孤独感、「Minority Whisper」よりみえる現実との乖離とそれに対するいら立ち、それらを抱えながらもさらに前に進もうとする意志、それらの様々な感情が伝わるように思います。

ただ、ネガティブな部分を含みながら作られた今作ですが、以前の作品に比べストレートな歌詞は少なくなっている気がします。特に最近の作品にみられる「歌を一つの物語としてまとめるうまさ」は今作でも見られるため、うまくオブラートに包まれた形になっており、直接的な、「Minority Whisper」などに関しては英詞にするなどで出来るだけネガティブなイメージを薄める努力をしている印象があります。

このように全体としてのネガティブな感じを強調して書きましたが、聞き終わったときの印象は「前に進む感じ」。様々な事で辛いこと、納得できないことがある中それを受け入れつつも前に進んでいかなくてはならない。その積極的ではないにしろある種の前向きさは感じます。おそらく近年のアルバムが好きな人についてはこのアルバムは賛否分かれると思いますが、個人的にはこのアルバムを好きに感じられることは幸せだなあと感じる大事な一枚になっています。

(所で、なんで今作はitunesでは配信されないんでしょうね。3日ほど待ち、その後まちきれずアルバム購入しましたが25日現在でいまだ配信なし。配信なしならなしでなにかアナウンスほしいと思うのですが…)


the pillows:トライアル ★★★★★ (個人的に名盤だと思いますが、賛否は分かれるかも…)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カイロおじさん

Author:カイロおじさん
FC2ブログへようこそ!
こちらではカイロソフト関係の攻略や音楽、ゲームなどのレビューを中心にのせています。よろしくお願いします

今後の予定
スーパーロボット大戦α外伝:攻略
カイロソフト:ゲーム発展国++ 攻略予定
       など予定

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。